何かトラブルがあってからでは遅い。事前に備えたい保険

Pick Up

事例で見る

ネットで検索をすれば自転車保険の商品数も大変多いですが正直、自動車とは違い保険加入の意識は薄いように思います。自転車事故の事例もいくつか出ているのでそれを見ればより重要性を知るでしょう。

保険オペレーター

安くなる

商品選びとして一般的な自転車保険の加入はクレジットカードや自動車保険に入っていることが多いです。とは言え、補償内容も異なりますが通常の保険よりも安くなる可能性が極めて高くなります。

保険の依頼者

Contents

示談交渉とは

悩む女性

双方同士の事故は、お互いの言い分で変わってくる可能性があります。もちろん、目撃者がいればそれを参考に解決が見込めますが手がかりがない場合は示談交渉サービスが入っている自転車保険を選ぶと楽でしょう。

何故必要なのか

昔は、自転車や自動車のように便利な乗り物はありませんでした。時代は常に流れているので、常に変化が起こっています。
街が発展していると同時に、自動車が開発され自由に行き来できるようになった今、自転車も便利なアイテムとして大勢の人に活用されています。今後も利用者は増えるでしょう。
ところが、小回りが効くということで多くの自転車が行き交うようになってから事故が多発するようになりました。
昔は、法の改正がなされていない為事故を発生しても罰則を与えることは難しい状態でした。ただ、近年は人身事故やマナー違反者の数が倍増していることを受け、道路交通法の規定が変わっています。
傘をさしたままの運転およびスマホや操作をしながらの運転も、重い罰則を受けるという取り組みで自転車側が起こす事故の原因を浮き彫りにしています。
自分は大丈夫という軽い気持ちが、自転車のマナーを守れない理由だと言っても過言ではないでしょう。法の改正がなされている現在も、違反者は後を絶たないのです。
逆に、自動車の場合は免許取得を前提とした利用が普通ですが、子どもからお年寄りまで気軽に利用ができる自転車は、マナーを守る以外にも数々の課題が残ります。
万が一、自分が加害者になれば保険加入が当たり前の自動車でない限り賠償金の支払いが出来ない人が増えていくでしょう。
自転車事故を起こされた被害者にとっても今後の行く末が気になるのは当然だと言え、事故への意識を高める為にも自転車保険の加入を積極的に行わなければいけないのです。